心臓血管センター

心臓病とは

心臓病は突然起き、治療が遅れるとそれだけ救命率が下がります。

心臓は、筋肉の袋でできており、1日に約10万回拍動しています。その筋肉や、筋肉を栄養する血管、また心臓の部屋どうしの扉である弁が悪くなることがあります。「病院はおっくうだから少し様子を見て」など、ちゅうちょしていると、救命率が下がり、また、助かっても後遺症を残します。

こんなときには受診してください

  • 階段を上り下りしたり歩いたりすると胸が締めつけられたり、押さえられる感じがして、休むと楽になる。夜や明け方に胸が痛くなったり、苦しくなったりする。足がむくむ。
  • 検診で症状はないが心電図異常と言われた、血圧が高いと言われた。
  • 突然どきどきして、いつ治るかわからない。力んだり水を飲んだりするとよくなることがある。
  • 歩くとふとももが痛くなり、歩くのをやめると楽になる。
  • 糖尿病、高血圧、脂質異常症(高脂血症)といわれているが、心臓については一度も診てもらったことはない。

退院後の生活、介護について

心臓病で入院し、退院となった。さて、一人暮らしの今後をどうするか、ご家族様の初めての介護はどういう福祉サービスを受ければよいのか、など退院後の生活は本人にとっても、家族にとっても大変な問題です。当院の医療相談員は、社会福祉士の資格を持っており、いろいろな面からサポートします。サポートの事例はこちらから。

症状

急性心筋梗塞、不安定狭心症

突然の強い胸痛や圧迫感が持続します。このような症状がはっきりでず、息切れ、ふらつき、肩やあご、腕の痛みなどを訴える方もいます。 心臓を栄養する血管(冠動脈)が詰まったり、まさに詰まりかかっているもので、緊急入院が必要で、冠動脈の再開通に風船治療が必要です。(下記はステント治療)

急性心筋梗塞、不安定狭心症
下肢閉塞性動脈硬化症

歩くとだんだん足がこわばって痛くなり、休むと楽になる、そういった方の中に、足を栄養する血管が詰まっている方がいます。放っておくと、足の先に潰瘍(かいよう)ができて、切断を余儀なくされる場合もあります。足の血管を風船、ステント治療で広げると、足への血流が改善し、多くの場合症状が無くなります。

まず外来で下肢の造影CTを行うことで、病変を正確に評価することができます。下図は、膝上の血管の狭窄の方の例です。

ASO

このページのトップへ

私の症状・異常は心臓ですか?

自分の中に起こっているかもしれないいつもと違う症状、また、検診などで心電図異常と言われたなど、様々なご心配があると思いますが、それを適切にこれはXX科の病気かもしれないと言いあてる人はむしろ少ないです。ただ違った科に行ってしまうと、それだけ対応できる時間が遅くなってしまいます。よくある症状、異常を書きだしてあります。(下記は典型的な症状、異常の受診科の目安で、実際話だけでは診断できませんので、これをもって自己診断をされて病院受診を控えることのないようにしてください。)

  1. 胸が痛い
  2. 苦しい
  3. どきどきする、動悸がする
  4. 気を失った
  5. 歩くと足が痛い
1.胸が痛い

胸が痛いという症状は様子を見ていても改善することは少なく、むしろ命にかかわることが多いので、至急受診してください。

Q. 胸が圧迫されるように痛いのですが
A.
胸がしめつけられる、圧迫される、それが肩や背中にまで及ぶ方は、心臓の可能性があります。とても胸が痛かったり苦しくてうずくまるぐらいの方は、心筋梗塞の可能性があります。すぐに救急車を呼んできていただく必要があります。数秒から5分以内であれば、狭心症の可能性があります。朝方の痛みや、階段の上り下りでいたくなり休むと楽になるというのが典型的です。放っておくと、死亡率の高い心筋梗塞になります。胸から背中にかけて痛みが広がる場合は血管の病気の可能性があります。気がついたらすぐに受診する必要があります。これらはすぐに循環器科を受診する必要があります。
Q. 胸がチクチク痛いのですが
A.
胸の表面の痛みで、痛いのはこの場所です、と指させる方は、心臓の可能性は小さくなります。昨日は右胸が、今日は左胸が、と移動する痛みの場合は、ろっ骨や神経の痛みのことが多いです。10-30代でこの症状なら心臓の可能性は大きくはありません。しかし、検診などでは、心臓は心電図ぐらいしかとりませんので、詳しくはわかりません。一度循環器科を受診されて安心するのも一つです。ストレスが多かったり、疲れがたまっていたりしないか、見直す必要もあります。
Q. 胸が呼吸すると痛いのですが
A.
息をすると痛い、呼吸すると痛いという方の場合は、多くは肺の問題です。呼吸器科をまず受診されることをおすすめします。
Q. 胸が痛く、食べ物を食べると焼けるように痛いのですが
A.
症状が食事で影響される場合、胃腸の可能性が高くなります。肋骨より下の、みぞおちの痛み、また、その痛みがそこからあごに向かって上がってくるなどの場合は、まず消化器科の受診が必要です。ただ、また、食事をすると胸が圧迫されたり苦しくなるが、胃カメラをして異常がない場合は、念のため、循環器科で心臓が大丈夫か見ておく必要もあります。
Q. 胸が痛いほどではないが、なんとなく胸のあたりがしんどく、苦しい
A.
糖尿病があったり、高齢の方は、症状ははっきりしないが、何となく元気がない、動くとしんどい、などの症状で心臓病のことがあります。一度循環器科を受診されることをお勧めします。
Q. 肋骨、肩甲骨が痛く、押したりもんだりすると楽
A.
もんだりすると楽な場合は、整形外科領域の病気の可能性があります。整形外科受診をお勧めします。
2.苦しい

呼吸が苦しいという症状は様子を見ていても改善することは少なく、むしろ命にかかわることが多いので、至急受診してください。

Q. 動くと苦しい、休むと楽
A.
疲れたとき以上に動くと苦しい場合は、心臓病の可能性があります。お友達や夫婦、同世代の他の方と歩いていると先に息が切れる場合、夜中や朝方に苦しくなり、夜が来るのがこわいという方は、至急循環器科を受診された方がいいでしょう。
Q. 夜に苦しくてまっすぐに寝られない、座り込んだら楽
A.
心不全の可能性があります。心不全の場合右を下にしたら楽、左を下にしたら楽というのではなく、水平に寝られないことが特徴です。酸欠のように感じて窓を開けて顔を出してハアハアされる方もいると聞きます。至急循環器科を受診された方がいいでしょう。
Q. 肩で息をしている
A.
慢性的に循環が悪く、低酸素に慣れている方の場合、本人は症状がなくても、周囲からみると肩で息をしているように見える場合は、心不全あるいは肺の病気の可能性があります。至急循環器科を受診された方がいいでしょう。
Q. ぜんそくといわれており、カゼ気味だったが苦しくなってきた
A.
ぜんそくの悪化と考えられます。一般内科か呼吸器内科を受診された方がいいでしょう。
3.どきどきする、動悸がする
Q. 脈が速く打つ
A.
血圧計などで脈拍を見たとき、60-100の程度なら問題ないことが多いです。安静にしているのに150以上、脈拍が測れないなどあれば、不整脈の可能性があります。苦しい時は心臓の循環が正常でない可能性があります。循環器科を受診された方がいいでしょう。
Q. 脈をとっていると、たまに飛ぶ
A.
正常でも数回に1回飛ぶことがあります。症状がなければ気にしなくていいことが多いです。循環器科を受診された方がいいでしょう。
Q. 脈が弱い
A.
はじめて気付かれたのなら、一度循環器を受診された方がいいでしょう。間隔がばらばらなら不整脈の可能性があります。
Q. 心拍数が遅い、最近血圧が上がってきた、気を失いそうになる
A.
心拍数が60以下で、めまいや気を失いそうになる、目の前が暗くなる場合は、脈が遅すぎる可能性があります。循環器科を受診された方がいいでしょう。
4.気を失った
Q. 目の前が暗くなって倒れた
A.
心臓か頭、心臓なら不整脈の可能性があります。早く原因を明らかにしないと、次に倒れた時階段を踏み外したり、車にひかれる可能性があるのです。循環器科を至急受診された方がいいでしょう。
精神的な理由が明らかに大きな場合は心療内科や精神科に、心療内科や精神科受診中の方はかかりつけの病院をまず受診された方がいいでしょう。
5.歩くと足が痛い
Q. 歩くと足が痛くなり休むと楽になる
A.
足の動脈が狭くなったり詰まっている可能性があります。たばこを吸っていたり糖尿病の方、心臓や頭の病気をされている方にも多いです。
座ったりかかんだりして足がしびれたり痛くなったり、その痛みが軽快する方は、整形外科の受診をお勧めします。

このページの先頭へ