心臓血管センター

特別顧問挨拶

センター長 児玉和久

特別顧問 児玉和久

世界がグローバル化し国境の壁がない時代となり、日本の医療も全ての点で世界の最先端が要求される次元に入りました。これを実現し確保し続けるためには、それにふさわしい人材の育成とその活用を効率的にする組織の確立が急務と考えます。当尼崎中央病院は患者さんにとって最も安心して治療を受け、信頼を得るために、最先端の医療器材の整備と人材の育成、チーム医療の確立を目指して日夜努力を続けています。(若手医師の参画を期待しています。)

略歴、資格

1966年;山口大学医学部卒業
1967年;大阪大学第一内科
      (現循環器内科)
2005年;大阪警察病院名誉院長

  • 日本内科学会認定専門医・指導医
  • 日本循環器学会認定専門医
  • 日本集中治療学会専門医
  • 米国心臓協会特別正会員(FAHA)
  • 米国大学心臓会議特別正会員(FACC)
  • 米国冠動脈インターベンション学会特別正会員(FSCAI)
  • 日本冠疾患学会元理事長,名誉会員、特別正会員(FJCA)
  • 日本心臓病学会特別正会員(FJCC)
  • 日本循環器学会名誉会員(近畿地方会)他

心臓カテーテル検査 約 50,000件

このページの先頭へ