ご来院の皆様へ

看護部ご案内

尼崎中央病院で、わたしの看護の成長に出会う

キャリアをめざすあなたへ夢の実現をあとおしします。

看護の礎を築く新人時代をもっとも大切にする。・・・・・・尼崎中央病院における看護師教育の最大の特徴です。
プリセプターシップにおいても一人ひとりの能力に合わせて自立できるまでサポートします。

看護部理念

看護の本質を追究し、社会の変動・医療の進歩に伴い、その要請に応じた看護の提供をめざします。

看護部基本方針

  1. 質の高い看護が提供できるように教育研修を推進する
  2. 日常の看護を見直し、業務改善を行う
  3. 医療スタッフ全体と協働し、チーム医療の向上に努める
  4. 看護を必要とする人の個別性を尊重し常に優しさと思いやりの心を忘れず、地域で信頼される病院にする
  5. すべての看護実践は、日本看護協会の看護師の倫理規定を行動の指針として展開する

看護教育プログラム

プロフェッショナルの育成のためのサポートを惜しみません。

尼崎中央病院が看護師に求めるのは“プロ意識”です。プロとして認められれば、やりがいにつながる。それはキャリアアップへの意欲につながっていく──。
その思いに応えるために、認定看護師の育成にも取り組んでいきます。

看護師の基礎期ともいえる1年目~3年目までにしっかりとした看護技術を身につけていただけるよう、 しっかりとした教育環境を整えております。

看護部研修プログラム クリニカルラダーシステム

看護部目標

病院の理念に基づき、質の高い看護サービスを提供できる看護師を育成する。

研修内容 研修目標


|







看護職員として必要な基本姿勢と態度 ①尼崎中央病院の看護職員としての自覚と責任ある行動がとれ、患者理解と良好な人間関係の確立
②看護専門職としての感性、態度を養い今後のキャリア形成の基盤を築く
基礎看護技術演習 日常生活援助の基本的看護技術の目的、方法、注意事項、態度を習得し看護実践に活かせる
BLS 救急蘇生法の基礎知識・技術を学び、急変時に一時救命処置ができる
コミュニケーション能力 ①患者家族に対して思いやりのある態度で接することができる
②職場の規則を守ることができる
看護倫理 ①医療人として守秘義務を遂行できる
②日本看護協会の倫理綱領について知る


|



II
2

フィジカルアセスメント 実践に活かすフィジカルアセスメントを高め、急変予測につなげる
ケーススタディ 自己の看護実践を振り返り、科学的根拠に基づいて考察することができる
チームナーシング チームナーシングを理解し、メンバーとしての役割を果たすことができる
看護倫理 日本看護協会の倫理綱領について理解し、倫理問題に気づくための土台形成をする
3

プリセプター ①プリセプターの役割を果たすことができる
②プリセプターの役割を通してスタッフ育成能力を身につける
BLS・ACLS 救急処置を理解し、対応実施ができる
看護倫理 臨床の倫理問題に気がつき、患者家族への倫理的配慮が行える


|



III
4

6

リーダーシップ ①リーダーの役割を理解し業務実践できる
②看護師としての自己啓発に積極的に取り組みその結果をスタッフに伝達できる
BLS・ACLS BLS・ACLSへの理解を深め、神事への指導ができる
看護倫理 臨床の倫理的問題をとらえ、チームの中で解決策を考えることができる


|



IV
7



マネージメント 看護場面において専門性や役割を理解し、リーダーとしての役割モデルが実践できる
教育観 自己の教育観を養い、後輩への指導、研究への支援ができる
コミュニケーション 活気ある集団作りをするために、雰囲気や環境をよくする行動が取れる
BLS・ACLS 急変場面において、リーダー的役割を発揮し、後輩へ指導ができる
看護倫理 倫理的視点を常に持ち、臨床場面における倫理問題についてチームの中で検討・指導ができる


|



V




マネージメント 組織の中で自分の位置づけや役割を理解し役割モデルが実践できる
教育観・管理観 自己の教育観、管理観を明らかにし、リーダーとして活躍できる人材を育成する
コミュニケーション 良い人間関係を作れるように配慮ができる
看護倫理 自己の倫理観を確立し倫理問題解決に向けての支援ができる




実習指導者の役割 実習指導者の役割を理解し、必要な知識を身につける
実習指導の実際 3観を明確にし、実習指導計画を立てることができる
実習指導の評価 自らの実習指導を振り返り、今後の課題に気づくことができる
自らの指導観を明確にすることができる



医療チームの一員としての自覚 ①看護チームの一員として高い倫理観と職業意識を持ち安全に業務を遂行する
②自ら考えて行動できる知識と技術を身につける

このページの先頭へ