当院について

院長挨拶

院長挨拶
 2018年を迎え地域から愛される病院を目標に職員一同励んでおります。この尼崎は人口46万人ですが、高齢化現象は主要都市の中で郡を抜いており、65歳以上はまもなく40%に到達する勢いです。当院では、患者さんには最新の治療を提供するだけではなく、入院後の療養やリハビリを考え、療養病棟や回復期リハビリ病棟を利用していただいております。また、退院後の自宅での生活が円滑に進むようMSWを中心に訪問看護を、それでも自宅での不自由さがあれば老健施設やショ—トステイを利用していただくようにしております。将来的には独居になられた方でも自宅での生活が困難であれば、サ-ビス付き高齢者住宅を建設予定ですので、それらを利用していただければより安心かと考えております。尼崎市のJR尼崎駅中心である当院の医療圏では、このようにして地域の住民の方の健康と医療・介護を考え、元気・勇気・希望を与えながら、尼崎市民から尼中に来てよかったと思って頂くよう努力したいと思っております。
院長 伊福 秀貴

このページの先頭へ