当院について

理事長就任挨拶

理事長挨拶

医学博士
理事長 吉田 純一

 このたび、本年1月から、会長に就任しました吉田静雄の後継として、私が社会医療法人中央会の理事長に就任いたしました。

 尼崎中央病院では、副院長として10年間、会長、院長とともに病院の発展に努めてまいりました。この間に、当初199床だった病院はICUを含む急性期病棟189床と、地域包括ケア病棟、回復期リハビリテーション病棟、医療療養型病棟からなる309床のケアミックス病院へと拡大してまいりました。

 また、2つの介護老人保健施設(ローランド、なにわローランド)を含む9つの介護事業所を運営、職員の総数は病院と介護施設を併せると850人を超えるまでに成長いたしました。高度急性期医療としては、年間2000件の救急搬送患者の受け入れ。内科、外科、整形外科だけでなく、心筋梗塞などの循環器疾患や脳卒中などの脳神経外科疾患に対しての緊急カテーテル検査・外科的治療なども積極的に行うようになりました。

 高齢化社会の到来や医療の高度化などに対応した予期しれぬ医療制度改革が求められる時代に、そして高度で安全な医療・介護を地域の皆様方に提供し続けるためには、今後も様々な課題に取り組まなければなりません。

 日々の絶え間ない努力を惜しまずチャレンジし続けることにより、「患者様中心の病院」であり続けるよう、生命の尊厳に対する気持ちを忘れずに一人ひとりの患者様を大切にする医療を心がけて、地域の皆様方のご期待に応えるべく邁進していきたいと思っております。常に、サービスの向上・改善に努めてまいりますのでお気づきの点がございましたら遠慮なくご教示いただきますようお願いいたします。

 これからも、職員一丸となり、より一層努力してまいりますので何卒よろしくお願い申し上げます。

  平成29年1月  理事長 吉田 純一

このページの先頭へ