診療科のご案内

病理診断科

主に外科的にあるいは内視鏡的に採取された組織の病理組織診断を行っています。対象はこれ以外にも細胞診の材料として、婦人科、泌尿器科、呼吸器科などからの材料もあります。剖検業務やCPCそして学会発表のお手伝いも重要な私どもの仕事です。最近では、セカンドオピニオンや裁判の鑑定などにも参画することがあります。 病理組織診断や細胞診は、組織や細胞の固定後、病理組織は薄切し、細胞診はそのまま染色し、いずれも顕微鏡を用いて診断します。良性か悪性かを判断しますので、臨床各科にとって極めて重要な情報を提供します。したがって、臨床医との木目の細かいカンファレンスも重要な業務になります。

医師紹介・スタッフ紹介

由谷 親夫(ゆたにちかお)  
病理診断科部長、医学博士(大阪大学)
専門医
日本病理学会認定病理専門医
日本臨床細胞学会細胞診専門医
日本臨床検査医学会認定専門医
日本内科学会認定内科医
日本循環器学会認定循環器専門医
増田 一吉(ますだ かずよし)
資格
臨床検査技師
日本細胞学会認定細胞検査士
国際細胞検査士(CFIAC)
2級臨床検査士

このページの先頭へ