診療科のご案内

リウマチ科

リウマチ科とは、関節やその周囲に腫れや痛みを伴うリウマチを中心とした自己免疫疾患の診察・治療をおこなう診療科です。
自己免疫疾患は、通常、外から侵入してくる異物を排除するために働く免疫システムが、自己の成分に反応して抗体やリンパ球を産生し、それらが自己の細胞や組織を攻撃して傷害が起きる疾患です。

リウマチ科で扱われる主な疾患としては、関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、全身性硬化症(強皮症)、皮膚筋炎・多発性筋炎、血管炎症候群、強直性脊推炎、シェーグレン症候群、ベーチェット病などがあります。
関節の痛み、腫れ、全身倦怠感、微熱などが続く方は一度受診され、精密検査を受けてください。

このページの先頭へ