介護の資格

介護・医療業界の資格についておしえて

介護・福祉・医療業界は資格の社会と言われています。

介護・福祉・医療に携わる資格には主なもので介護職員初任者研修、介護職員実務者研修、介護福祉士、ケアマネージャー、介護予防運動指導員、福祉用具専門相談員、福祉住環境コーディネーター、介護保険事務、医療事務などがあげられます。

どのような資格をとるといいの?

最初に介護職員初任者研修の資格を取得するのが一般的です。

実務経験を積みながら介護職員実務者研修を受講し、3年後に介護福祉士、
5年後にはケアマネージャーとステップアップすることができます。