令和元年度 尼崎中央 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 5 19 58 88 206 359 633 1194 1255 340
年齢階級別退院患者数 解説文
当院は、「地域開かれた皆様の病院として、社会に貢献します」を基本方針の一つとして掲げ、運営しております。24時間救急医療を行い、また地域の医療機関の方々とも円滑な連携を心がけております。
疾患としては、消化器の腫瘍や血液内科・循環器内科・脳神経外科の患者様が多く、特に脳神経外科の救急件数が増えており患者様も増えております。関連施設として老人保健施設、訪問看護等の在宅部門施設も充実させていることもあり、特に60代以上の患者様に多くご利用いただいている要因になっております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(大腸ポリープ切除術) 339 2.06 2.63 0 67.79
060100xx01xx1x 小腸大腸の良性疾患(大腸ポリープ切除術+副傷病名有り) 72 2.33 3.57 0 74.01
060100xx99xxxx 小腸大腸の良性疾患(内視鏡カメラ施行) 71 1.25 3.02 0 68.66
050130xx99000x 心不全 69 23.39 17.71 2.9 86.68
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 56 37.0 20.84 10.71 84.95
当院では、大腸ポリープ切除術を目的に入院される患者様が一番多くなっております。大腸ポリープとは、大腸(S状結腸、下行結腸、横行結腸、上行結腸、盲腸・回盲)や直腸の内壁にできた、きのこ状やイボ状の隆起性病変の総称です。がんの予備軍である「腺腫」や「早期がん」の段階で見つけることができれば治療は楽におわり、成績も良好です。その他にも、老年期に多く、重症化しやすい疾患である誤嚥性肺炎が上位を占めております。平均在院日数が全国平均より長くなっている理由として、加齢に伴い重症化しやすいこと、当院に上記疾患で入院された患者様が高齢であることが多いことがあげられます。
肺炎のデータに関しては「指標4.成人市中肺炎の重症度別患者数等」もご覧ください。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) 70 5.09 4.85 0 67.53
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 57 7.65 7.13 0 59.04
060241xx97xxxx 痔核 37 2.49 5.72 0 67.11
060035xx99x60x 結腸(虫垂を含む)の悪性腫瘍 32 3.78 4.40 0 75.78
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 24 10.21 10.34 0 64.75
外科では大腸癌に対する化学療法入院が多くなっております。日本では、大腸癌にかかる方が年々増えており(国立がん研究センター統計より)、その影響を受けていることや、当院では、大腸肛門病学会専門医が常勤で勤務していることなどが症例数が増えている要因と考えます。
日本で悪性腫瘍(がん)に罹る人は年々増えております。外科では、鼠径ヘルニア、胆嚢炎、結腸・乳腺の悪性腫瘍(がん)、痔核で入院される患者様が多くなっております。
当院の外科医は全てがん治療認定医を取得しており、豊富な知識の下で安心して治療に臨んでいただけます。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死 87 40.02 21.53 2.30 65.47
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 59 53.25 25.94 6.78 86.63
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む) 45 40.91 23.56 0 77.07
160780xx97xx0x 手関節周辺の骨折・脱臼 40 3.68 4.11 0 50.15
160760xx97xxxx 前腕の骨折 31 5.23 5.54 0 65
加齢に伴い、骨が脆弱になったり、転倒する機会が増えます。当院は60歳代以上の患者様に多く利用いただいていることもあり、股関節の骨折や膝関節症で入院される患者様が多い傾向にあると思われます。また、人工関節の手術を専門とする医師の治療だけではなく、必要な方には回復期リハビリテーション病棟に転棟していただき、リハビリ専門の医師が患者様一人一人に合ったリハビリでの治療計画を立てて、1日でも早く社会(家庭)復帰できるようにサポートしております。平均在院日数が全国平均の2倍程となっている要因としては、上記のように治療からリハビリまでを一貫して自院で行っているためと考えます。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030400xx99xxxx 前庭機能障害 50 3.78 5.01 0 67.56
010060x2992401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満)動脈造影カテーテル法あり 49 22.02 18.40 0 69.88
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 34 16.91 16.13 5.88 74.50
010061xxxxx0xx 一過性脳虚血発作 30 4.33 6.22 3.33 71.33
010230xx99x00x てんかん 27 6.89 7.10 0 68.22
脳卒中(くも膜下出血、脳出血、脳梗塞など)、頭部外傷を中心とした救急疾患に対して、適切で迅速な診断治療を重視し、患者様の機能予後などの後遺症の軽減、ご家族の精神的・経済的負担などを重要視し治療に取り組んでおります。患者様に最適の治療を安心して受けていただくため、地域の他の医療施設との連携も密にとっております。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050180xx02xxxx 静脈・リンパ管疾患 34 2.06 2.78 0 70.91
050163xx02x10x 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 - - 19.82 - -
050170xx02000x 閉塞性動脈疾患 - - 16.61 - -
当院は、入院して下肢静脈瘤手術を受けていただいております。入院初日に手術を受けていただき、通常は翌日退院していただけます。
※集計が10件以下の場合は、ーとさせて頂いております。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障・水晶体の疾患 85 2.85 2.78 0 79.36
020210xx99x1xx 網膜血管閉塞症 - - 2.44 - -
当院は、入院して白内障手術を受けていただいております。入院初日に手術を受けていただき、通常は翌日退院していただけます。
※集計が10件以下の場合は、ーとさせて頂いております。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 13 2 6 6 6 26 1 8
大腸癌 14 15 29 5 5 139 1 8
乳癌 11 14 4 1 0 24 1 8
肺癌 0 0 0 0 2 4 1 8
肝癌 0 0 0 1 1 3 1 8
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
初発の5大癌のUICC病期分類ならびに再発患者数 解説文
UICC分類第8版にて集計を行いました。
外科では、胃癌、大腸がん、乳がんなどの手術実績があります。
消化器内科では、内視鏡を使用して早期胃癌、大腸がんなどの内視鏡下粘膜剥離術をおこなっております。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 16 10.19 60.94
中等症 107 17.50 79.21
重症 18 26.06 88.94
超重症 4 16.75 81.75
不明 0 0 0
成人市中肺炎の重症度別患者数等 解説文
入院契機病名および最も医療資源を投入し傷病名が肺炎、急性気管支炎等を対象にする。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 195 33.59 77.04 5.26
その他 33 54.52 76.85 4.39
脳梗塞のICD別患者数 解説文
発症日3日以内とその他に大きく分けており、脳梗塞(DPC010060)の病型別の患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を掲げております。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(直径2cm未満) 405 0.06 1.13 0 68.90
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 33 1.85 3.24 0 72.30
K654 内視鏡的消化管止血術 20 4.50 24.45 15.00 74.05
K6182 中心静脈注射用埋込型カテーテル設置(頭頸部その他) 18 37.06 78.78 27.78 84.11
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 17 3.94 14.76 5.88 81.53
当院は、毎日内視鏡検査を行っており、地域の先生方からも検査のご依頼をいただいております。内視鏡検査で大腸ポリープ・大腸腺腫が見つかった方を対象に行っているのが、内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術です。通常、入院当日に手術を行い1泊2日で退院できます。
経皮的冠動脈ステント留置術は、心臓カテーテル治療と呼ばれ、心筋梗塞や狭心症などの冠動脈疾患に対し、腕や足の血管から心臓までカテーテルを通して、狭くなっている血管を広げる手術です。当院は救急車の受け入れを積極的に行っておりますので、緊急での心臓カテーテル治療から、検査を行い十分な準備をした上での治療まで、患者様の状況に合わせて治療を行っております。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 67 0.78 3.22 0 67.36
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 61 1.38 5.77 0 60.11
K7432 痔核手術(脱肛を含む)(硬化療法(四段階注射法)) 33 0.03 1.03 0 68.12
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 32 4.28 16.69 0 77.78
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(直径2cm未満) 26 1.00 1.08 0 68.85
当院は、腹腔鏡下手術に力を入れておりますので、腹腔鏡下で行う鼠径ヘルニア手術、胆嚢摘出術が上位になっております。手術は日本内視鏡外科学会の技術認定医がおり、協働で実施します。腹腔鏡下手術とは精密で出血の少ない手術により、後遺症が少ないことに加え、手術創も小さく、開腹手術よりも入院期間も短くて良いことから、消化器手術の第一選択として「可能であれば腹腔鏡下手術と考え、患者様に提案させていただいております。個々の患者様の病状により腹腔鏡下手術が不可能なこともありますが、さらに適応を広げることができるよう、学術知識を深め、修練を重ねております。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(股) 139 2.12 38.31 1.44 69.45
K0732 関節内骨折観血的手術(足) 42 1.48 10.19 0 63.38
K0461 骨折観血的手術(上腕) 41 2.02 50.95 12.20 82.80
K0811 人工骨頭挿入術(股) 35 3.29 52.91 2.86 82.57
K0652 関節内異物(挿入物を含む)除去術(手) 33 1.00 1.24 0 66.39
加齢に伴い、骨が脆弱になったり、転倒する機会が増えます。当院は60歳代以上の患者様に多く利用いただいていることもあり、股関節の骨折や膝関節症で入院される患者様が多い傾向にあると思われます。また、人工関節の手術を専門とする医師の治療だけではなく、必要な方には回復期リハビリテーション病棟に転棟していただき、リハビリ専門の医師が患者様一人一人に合ったリハビリでの治療計画を立てて、1日でも早く社会(家庭)復帰できるようにサポートしております。平均在院日数が全国平均の2倍程となっている要因としては、上記のように治療からリハビリまでを一貫して自院で行っているためと考えます。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 31 0.55 17.16 0 78.55
K664 胃瘻増設術(経皮的内視鏡下胃瘻増設術、腹腔鏡下胃瘻増設術を含む) - - - - -
K1742 水頭症手術(シャント手術) - - - - -
K6182 中心静脈注射用埋込型カテーテル設置(頭頸部その他) - - - - -
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭して行うもの)(脳内のもの) - - - - -
慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術とは局所麻酔下で頭部に穴をあけて、血腫を洗浄・除去する手術です。慢性硬膜下血腫は高齢者に多いことから、平均年齢も70歳を超えています。予定入院にて手術を行うこともありますが、緊急手術になる場合も多く、24時間体制でのCT・MRI撮影などの検査、診察が重要であると考えています。
※集計が10件以下の場合は、ーとさせて頂いております。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 31 0 1.06 0 70.39
K5606 大動脈瘤切除術(腹部大動脈(分岐血管の再建)) - - - - -
K6173 下肢静脈瘤手術(高位結紮術) - - - - -
K6147 血管移植術、バイパス移植術(その他の動脈) - - - - -
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 - - - - -
当院は、入院して下肢静脈瘤手術を受けていただいております。入院初日に手術を受けていただき、通常は翌日退院していただけます。
※集計が10件以下の場合は、ーとさせて頂いております。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入)(その他) 86 0 2.87 0 79.13
水晶体再建術とは、白内障の手術の事です。当院は、入院して白内障手術を受けていただいております。入院初日に手術を受けていただき、通常は翌日退院していただけます。
※集計が10件以下の場合は、ーとさせて頂いております。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 5 0.12
異なる 12 0.29
180010 敗血症 同一 37 0.90
異なる 45 1.10
180035 その他の真菌感染症 同一 5 0.12
異なる 14 0.34
180040 手術・処置等の合併症 同一 18 0.44
異なる 3 0.07
医療の質の改善に資するため、臨床上ゼロにはなりえないものの少しでも改善すべきものとして、敗血症、播種性血管内凝固症候群、手術・術後の合併症、その他の真菌症について、入院契機病名の同一性の有無を区別して患者数と発生率を示しております。※集計が10件以下の場合は、ーとさせて頂いております。
更新履歴
20200915