院長挨拶


院長 伊福 秀貴

2020年に入り新型コロナウイルスが日本をはじめ全世界にまん延しました。

コロナ禍は我々の医療介護の問題点を浮彫にしました。これほど完璧と考えていた日本の医療体制の不備また保健所を中心にした行政の指導力の脆弱性が見え隠れしました。有熱患者さんが病院に行っても見てもらえなかったり、コロナ陽性者も入院できずに自宅待機させられて死亡するという事例もニュ-スとなりました。

幸い尼崎では感染患者さんが爆発的には増加しませんでしたが、それでも医療体制は万全ではなく保健所も公的病院も全職員が医療崩壊寸前であったとのコメントがありました。爆発的増加がある場合どうなるか今から心配しております。

当院は当初から有熱患者さんの診療は拒否せずにまたコロナ対策を3月より他の医療機関に先がけて行い地域住民の方々が安心して診察をうける体制を構築しました。これも日頃から感染症対策などの危機管理が全職員を通じて行われているからと考えております。

医療の根本は正義感と考えております。地域住民のために通常の医療を継続しながらもコロナウイルス対策や自然災害にも強い病院をめざして今後も精進する予定です。

地域の先生方・患者様の皆さんを中心に医療を行いますので、どうかこれからもご声援のほどよろしくお願いいたします。