耳鼻咽喉科

当科の特長

耳鼻咽喉科は目から下・鎖骨より上の範囲を幅広く診療しています。みみ、はな、のどに加え、「嗅覚(におい)」「聴覚(きこえ)」「平衡感覚(めまい)」にお困りの患者様も診療します。当科では総合的な耳鼻咽喉科の診療に加え、耳・鼻・頭頸部腫瘍の専門医師が外来を担当しております※。さらに外来診療以外に、耳の手術や鼻・副鼻腔手術も可能です。診断や治療に高度な専門性が必要な場合は、高次医療機関との連携を通じて、患者様に安心な医療を提供できるよう努めています。

お困りの方はご相談ください。

気になるところをクリック!!

主な検査

  • 聴力検査(純音聴力検査、語音聴力検査)
  • ティンパノメトリー・アブミ骨筋反射(鼓膜や耳小骨の動きの程度を調べる検査)
  • 眼振検査(めまいの検査)
  • 内視鏡検査(喉頭ファイバーなど)
  • レントゲン検査
  • CT
  • MRI
  • 携帯用睡眠時無呼吸検査
  • みみ

    みみ

    難聴、耳鳴り、耳だれ

    難聴や耳鳴りが突然起こった場合は、早期の治療で改善する場合があります。当院では突発性難聴に対して、内服加療の他に点滴(通院または入院)加療も可能です。 だんだん聞こえにくくなってきた、テレビのボリュームが大きくなった、聞き返しが増えたなどゆっくりと進行した難聴には補聴器が有効な場合があります。 鼓膜に穴が開いている慢性中耳炎の場合は、耳だれが出たり聞こえが悪くなる症状が出ます。薬や処置で改善しない場合は、手術をすることで症状が改善する可能性が高いです(鼓室形成術)。鼓膜の状態によっては比較的簡単に外来で鼓膜の穴を閉じる手術が可能な方もおられます(鼓膜穿孔閉鎖術)。また、持続する耳だれやめまいがある場合は「真珠腫性中耳炎」の可能性があります。真珠腫は良性の病変ですが、ゆっくりと骨を溶かしていく性質があり、進行すれば難聴の悪化、めまい、味覚障害、顔面神経麻痺、髄膜炎や脳炎など怖い合併症を引き起こす可能性があるため、早期の手術が必要となります。

    めまい

    耳が原因の末梢性めまいはぐるぐる回るめまい(回転性めまい)が多く、そのうち最も多いのが「良性発作性頭位めまい症」です。これは頭を動かしたときに強い回転性のめまいが起こりますが、数秒から数分で落ち着くのが特徴です。次いで多いのが「メニエール病」で、めまい発作ともに耳が詰まった感じや、耳鳴り、難聴などの症状を伴うことがあります。他には突発性難聴や真珠腫性中耳炎に伴うめまいなどもあります。

    手術例

    鼓膜穿孔閉鎖術

    耳だれの出ていない鼓膜穿孔の閉鎖は、穿孔の大きさによっては簡便かつ短時間の処置により入院せずに外来で行うことが可能です。

    鼓室形成術

    慢性中耳炎や真珠腫性中耳炎に対して行う手術です。①炎症を起こしている病変を清掃して、鼓膜穿孔を閉鎖し、②耳小骨連鎖を再形成して聴力改善を図ります。手術は全身麻酔で1週間程度の入院が必要です。当院では顔面神経モニター装置を用いることで、顔面神経麻痺(1/1000人程度)のリスクを低減することが可能となっています。

    はな

    はな

    鼻水が出る、鼻がつまる、においが分からないなどの症状はありませんか?それらはアレルギー性鼻炎、鼻中隔弯曲症、慢性副鼻腔炎のことがありますので、当科ではアレルギー血液検査や副鼻腔CTで鼻症状の原因を調べます。薬での治療が難しい場合は手術によって改善を図ります。

    手術例

    内視鏡下鼻内手術

    内視鏡を用いた鼻内法で、鼻にある病変(ポリープ)や膿・粘液を除去し、長期の炎症によって障害を受けた粘膜が正常化するよう手助けをします。

    鼻中隔矯正術

    右と左の鼻の穴の間にある隔壁(鼻中隔)の軟骨と骨を一部除去して可能な限りまっすぐにします。

    頭頸部腫瘍(のど)

    頭頸部腫瘍
    (のど)

    頭頸部腫瘍(のど)

    のどの痛み、違和感、飲み込みにくい、声がかすれるといった症状がある場合、必要に応じて喉頭ファイバーで食道の入り口まで観察し、声帯ポリープや腫瘍などがないか調べます。病変によってはCT、MRIによる精査や、病変の細胞を取って悪性の有無を調べる検査(生検)を行い診断します。

    睡眠時無呼吸症候群

    睡眠時
    無呼吸症候群

    睡眠時無呼吸症候群

    いびきは睡眠中に上気道が狭くなることで生じる音です。閉塞してしまうと無呼吸となります。睡眠時無呼吸を放置すると必要な酸素が体内に取り込めず、身体に様々な影響がでます。日中の眠気やだるさから集中力が低下し、学業や仕事に支障を来たしたり、運転中の事故につながる可能性があります。高血圧、心筋梗塞や脳卒中など命に係わる合併症を引き起こしやすくなることも分かっています。治療には鼻マスクを装着し空気を送り込んで上気道を広げるCPAP療法で治療します。当科では携帯用の検査機器を貸し出し、自宅で測定した結果でCPAP療法の導入が必要かを判断します。

    ※曜日によって担当医が異なります。診療担当医表をご確認下さい。
    各医師の専門分野は以下の通りです。(耳鼻咽喉科全般の診察は全員行います)

    : 池畑
    : 竹林
    頭頸部腫瘍
    : 貴田

    スタッフ紹介

    医学博士 池畑 美樹

    耳鼻咽喉科医

    専門医
    日本耳鼻咽喉科学会耳鼻咽喉科専門医
    厚生労働省認定補聴器適合判定医