血液内科

当科の特徴

赤血球、白血球、血小板など血液成分の異常、リンパ節が腫れたりする病気の多くが血液造血器疾患に含まれます。当科では、血液造血器疾患全般を対象に化学療法、骨髄移植、輸血療法などを病状に合わせて行っています。地域に根差した医療を心がけ、ご本人やご家族に十分なインフォームド・コンセント(説明と同意)を行い、QOL(生活の質)を重視したものから積極的な化学療法まで、個々の様々な状況に合わせた治療を行っています。

白血病には、内服薬で完治してしまうタイプと、抗ガン剤などで数年治療しなければならないタイプと、骨髄移植などをする法がよいタイプと、おおまかに3タイプあると考えて良いと思います。 当院では、クリーンルームが在り、それらのタイプと迅速に診断できる設備とスタッフが揃っております。また、悪性リンパ腫やリウマチなどの病気に対しても充分な対応を心がけておりますので、貧血の方は一度、検査をお受けください。

化学療法室

長時間の点滴治療が少しでも安楽に過ごして頂けるようDVD対応型ポータブルテレビもご用意しております。 各々がカーテンで仕切られており、プライバシーに配慮した環境となっています。

血液外来

  • 最近、顔色が悪いと身近な人から言われた、または自分で思う。
  • 最近、以前と同じことをしても息切れ、倦怠感を感じる。集中力が続かない。
  • 最近、すぐ傷口が化膿してしまう。創部が治り難い。
  • 最近、微熱、高熱が続く、なかなか下がらない。
  • 最近、ぶつけた覚えがなかったのに青あざが出来やすい。
  • 最近、鼻出血、歯肉出血がよく起こる。
  • 首、脇の下、ソケイ部、等にリンパ節が腫れている。
  • 会社や市の健康診断で赤血球数・白血球数・血小板数のどれか1つ以上に異常を指摘された。

医師紹介

医学博士 伊福 秀貴

院長

専門医
日本内科学会認定内科医
日本血液学会認定血液専門医/指導医
日本人間ドック学会専門医
日本感染症学会ICD認定医
日本医師会認定産業医

医学博士 高塚 広行

副院長 内科部長

専門医
日本血液学会評議員
近畿血液学会評議員

浅田 貴子

内科医