中央会グループご案内

急性期医療から介護まで、チームで対応し多くの皆さまの健康を支えています。

「医療」「リハビリ」「介護」「予防」という、健康のあらゆるステージで皆さまを支えるために。
病院、介護施設、在宅ケアセンター、健診センターを備え、
皆様にとって安心・快適なサービスをチームでトータルに提供しています。

私たち中央会は、急性期・回復期・慢性期医療を行う「尼崎中央病院」を中心に、2つの介護老人保健施設と在宅ケアセンターを擁しています。
尼崎中央病院内の健診センターでは、病気の早期発見、予防医療にも尽力。それぞれの機関が高い技術と専門知識をもつと同時に、中央会のチームとして連携を図り、「医療」「リハビリ」「介護」と病気の「予防」といった、健康に関するすべてのステージで多くの皆さまの支えになりたいと願っています。理事長 吉田 純一

社会医療法人中央会グループの取り組み

地域包括ケアシステム

「尼崎中央病院」は、急性期医療を主軸に回復期・慢性期医療を実施。広範囲の地域にわたる皆さまの治療を行っています。院内の「健診センター」では、人間ドックや各種健康診断を実施。介護老人保健施設、ショートステイでは退院後の生活や在宅での療養生活をサポートし、入所中に入院が必要になった場合は尼崎中央病院をご利用いただけます。中央会「在宅ケアセンター」では、ホームヘルパー派遣や、訪問リハビリ、看護師が在宅療養者を訪問する訪問看護を実施。これら各機関がそれぞれ連携して、皆さまの健康を見守る体制を整えています。
また、高齢者の生活を支えるため、介護付有料老人ホームなども展開しています。